佐藤 敏郎

Smart Supply Vision 理事 兼 特別講師

学生とのコラボ講演

「あの日を語ることは、未来を語ること」

私たちはあの日からずっと考えています。

子どもたちの小さな命が問いかけているものは何だろう?と。

あの日の大川小の校庭に目を凝らすことで、何か大切なことが見えてくるはずです。

私たちはその「大切なこと」に向き合いながら、3.11を未来への学びにしたいと考えています。

講演詳細

東日本大震災を経験した元中学校教諭の佐藤敏郎が、小学生の時に被災した東北の高校生・大学生たちとともに語る3.11の記憶と未来への提言。あの日起きたことに、子ども達はどう向き合い生きてきたのか。どのような未来に向かおうとしているのか。震災経験のない高校生や大学生とグループセッションを行い、「震災から何を学び、何を伝えていくか」を一緒に考えます。2016年2月にはこのフォーラムが『16歳の語り部』(ポプラ社)として書籍化され、「平成29年度
児童福祉文化賞推薦作品」を受賞しました。

講演に参加された方の感想

宮城県逢隈中学校の生徒さん
何人もの命が亡くなったのは分かっています。でも、その一つ一つの命がどれほど大切か、それは分かり切れていませんでした。今日のお話はとても説得力がありました。

講演者

佐藤 敏郎

Smart Supply Vision 理事 兼 特別講師

詳しく  

お申込み

講師派遣をご希望の方は、以下の必要事項をご記入の上、お申し込みください。講演開催費用は、講師謝金、講師交通費(必要な場合は宿泊費)、ご要望に応じて資料送料をご負担いただいております。主催者様の規模(法人、個人等)に応じて、事務局が講演開催をサポートさせていただきますので、ご検討中の方も、まずは以下の申込フォームからお気軽にお問い合わせください。 こちらにご記入いただいた内容をもとに、後日、担当者よりご連絡させていただきます。
企業・学校・団体などでお申し込みの場合は記載してください。
例:112-0023 ハイフォンを入れて、半角でご記入ください。
例:03-1234-5678 ハイフォンを入れて、半角でご記入ください。
ご連絡を差し上げますので、[email protected]からのメールを受け取れるように設定をしていただきますようお願い致します。
学校・団体・サークルなどでお申し込みの場合、公式サイト・公式facebookページ、公式TwitterなどのURLをご記入ください。