東日本大震災を経験した
わたしたち一人ひとりが
ささやかだけれど
確かにできること
スマートサプライは
「必要な人に必要な支援を必要な分だけ」
を気軽に、双方向で実現できる
プラットフォームです。

はじまり

2011年3月11日

東日本大震災を経験した私たちは
大きすぎる被害を目にして
自分に何ができるのかを考えました。

多くの人が被災地にかけつけましたが
何ができるのかわからない人も
世界中にたくさんいました。

どうするか

「必要なひとに必要な支援を必要な分だけ」
を気軽にできる場
スマートサプライを創りました。

必要なひとに

支援を必要とする人や場所が今どのような状況か、 写真や動画、支援された数や達成率などで 確認することができます。

必要な支援を

それぞれの場所で何が必要とされているか、 レシートの明細のように細かく掲載されています。 その中から支援したい物を自分で決められます。

必要な分だけ

もちろん、必要な数も掲載されています。 支援すると自動的にその数が減るので、 必要以上に物が届くことはありません。

そのさき

「必要なひとに必要な支援を必要な分だけ」
を実現することで
一人ひとりの思いが直接届く

「自分が社会をより良くできる」
そう信じられる社会に
私たちは暮らしたいと思います。

このビジョンに共感いただけるみなさんと
これからの世代に残していきたいものを
一緒につくっていきます。