その他の講演

ママが知っていれば、備えていれば、守れるいのちがあります。 大地震は誰にでも平等にやってくるもの。もちろん、女性や小さい子どもにも容赦はありません。 子どもは、防災リュックの準備も、防災食の備蓄も、ケガの手当ても、逃げることすら自分一人ではできません。 大震災の時、ママが「知らない」「備えていない」ことで、誰よりも怖くて大変な思いをしたのも子どもたちでした。 「その時、何があったのか」「どうやって子どもを守ったのか」という被災地ママのリアルな声から学び、いざという時に、ママとして子どもを守り、安心させられるように、出来ることから始めませんか?
「防災まちカフェ」では、ママ・子どもだけでなく地域住民や自主防災組織の方々も多数参加されます。「防災子どもカフェ」は、学年別・全校開催、PTA主催など小学校単位で実施されています。全国各地で開催される防災をテーマにしたイベントやフォーラムでは、「大地震が来る前に、今あなたができること~自分と大切な人のいのちを守るために~」などの演題で講演を行なっています。その他、防災ママカフェ活動を題材にした企業研修として、「防災ママカフェに見る、最高の自発の創り方」「防災まちづくりから考える、今ヨノナカに求められている力」などの実績もあります。

かもん まゆ

Smart Supply Vision 特別講師

ママが知れば、備えれば、守れるいのちがあります。必ず来る「その時」を子どもと一緒に生き抜くために

詳しく