みなみそうま 市民とnpoによる災害支援チーム「このゆびとまれ」

R4年3月16日に発生した福島県沖地震。家屋の損壊や屋根瓦の落下などが相当数あるものの、ビジュアル的に見えにくい被害だったため被災された方のSOSも出しにくく、その声を拾いにくく支援も入りにくい状況にあります。
「みなみそうま 災害支援チーム このゆびとまれ」は、地元のNPOを中心に発災後すぐから南相馬市鹿島区などで困りごとの聞き取りを行なったり、お水やお米を配ったり、家屋のお片付けやブルーシート対応を繋いだりしてきた団体です。
南相馬市や社協、NPO、地域の方々など多職種との連携協働を図りながら活動を継続。6月からはサロン活動を開催していきます。
サロン活動を通してSOSの声を聴いたり、「誰も一人ぼっちにしない」地域の繋がりを作ったり、地域の方がサロンに主体的にかかわり「被災者から誰かを助ける支援者になる」体験をすることで自己肯定感を高め、生きがいにつながるきっかけ等になればと考えています。
地域のみんなが集まるための拠点整備やサロン活動を応援してくださーい!!

地域の方々がふらっと立ち寄れる場所づくり
被災した地域の方々がふらっと立ち寄ることのできる場所を整備中。 おしゃべりしたり、悩み事を相談したり、何かを作ったり・・ ...
  07/31
  2
  106
  4
詳しく  
お茶セットを持ってお邪魔します!訪問お茶会
高齢や障がいなどでサロンに出てこれない方々もいらっしゃいます。 「耳が遠いから大勢の人がいるところにはねえ・・・」「足腰 ...
  -
  0
  24
  0
詳しく  
  読み込み中...
  読み込み中...
  読み込み中...